金利表記に騙されるな!プロミスは低金利なんです!

皆さんは金利表記を見て金利が低いかどうか判断していると思いますが以下の金利表記を見てどちらが金利が低いか分かりますか?
  1. 金利 年3.0%〜18.0% 借入限度額 最高800万円
  2. 金利 年4.5%〜17.8% 借入限度額 最高500万円

ぱっと目に付くのが@の4.8%という金利。ここで大抵の方が@の方のカードローン方が金利が低いと判断してしまいます。

@の3.0%という金利は借入枠が800万円と審査結果が出た場合です。もちろん800万円を借りたいと希望しなければ800万円の借入枠で審査はされません。しかも貸金業者から800万円借りようと思えば年収2,400万円必要になってきますし、総量規制対象外の銀行では更に審査が厳しくなるので不可能です。

 

特に希望しない場合は最高でも50万円、それより与信の低い方であれば50万円以下の借入枠となります。ですからこの場合50万円以下の借入枠となると、

1.の金利は年18.0%
2.の金利は年17.8%

ということになり実際の適用金利はAの方が低いということになります。

 

そもそも借入枠というのは借入・返済を繰り返し、履歴が貯まってカード会社の信用が高まったところで借入枠の増加というものが可能になります。最高の800万円を借入れようと思ったら総量規制の関係で年収2,400万円必要になるのでありえない数字なんですね。

 

ですからカードローンの金利表記はありえない最高借入可能額を書いてそれに対応したありえない金利表記をするのが常套手段になっているのです。

以前なら最高借入額が大手消費者金融で一律500万円だったので比較しやすかったのですが、アコム・モビットが最高800万円にアップしたことに伴い実質年率も3.0%〜18.0%と最低金利のみ低くなりましたのでプロミスの金利の低さを説明しなければならなくなりました。

そのことを踏まえて選ぶならプロミスを選んでください!

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

長期返済を考えているなら低金利な三井住友銀行カードローンが合計利息が少なくなります

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

プロミスの金利の計算方法

プロミスでは、店内に設置された無人契約機での契約のほか、インターネットのホームページ上でもキャッシングの利用を申し込むことができます。契約方法には自身にとって最適なものを選択することになりますが、どちらで契約を申し込んでも、キャッシング利用中の金利には変わりはありません。

 

プロミスの金利は実質年率で4.5%〜17.80%となっています。ここで注意したいのが、金利と利息の関係です。プロミスからのキャッシングに限らず、お金の借入を行った場合は、原則としてそのお金に対する利息を支払う必要があります。

 

これは、借りたお金を使うための「手数料」のようなもので、金利とは、この利息が借りたお金(=元金)に対してどれだけの割合があるのかを示したものです。つまり、キャッシングを利用するにあたっては、金利が低い方が返済時に支払う利息も少なくて済むということになります。

 

プロミス利息は日割り計算でシンプルです。例えば10万円を30日間、借入した場合…

プロミス金利 プロミス金利−10万円を借りた利息計算

プロミスから10万円を30日間ご借入したとしましょう。

利用金額×実質年率÷365(日)×利用日数=利息

 

10万円を30日間ご利用した場合では…
10万円 × 0.178 ÷ 365 × 30日 = 利息は 1,463円
1日の利息約48円

※利用当日は利用日数に含まれません。翌日から発生します。

プロミス金利 プロミス金利−5万円を借りた利息計算

プロミスから5万円を3日間、借入したとしましょう。

利用金額×実質年率÷365(日)×利用日数=利息

 

5万円を3日間借入した場合では…
5万円 × 0.178 ÷ 365 × 3日 = 3日間の利息は 73円

自分の銀行口座から引出す手数料より安い利息の場合がありますが、返しそびれがないように計画的にご利用しましょう。

※利用当日は利用日数に含まれません。翌日から発生します

 

このようにプロミスでは金利面で他カードローンより有利になっています。他のカードローンもプロミスのように対応していますが、プロミスでは即日振込・即日カード発行対応とスピードにも他のカードローンに負けません。

プロミスの金利と銀行カードローンの金利を比べて見る

金利は利息を知る為の目安となりますが、プロミスとその他のカードローンの金利をまず比較して見ましょう。

主要カードローンの金利一覧

カードローン 金利 借入可能額 最短即日融資
プロミス 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円 可能
アコム 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円 可能
SMBCモビット 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円 可能
アイフル 実質年率4.5%〜18.0% 最高500万円 可能
レイク 実質年率4.5%〜18.0% 最高500万円 銀行カードローンの為不可能
三井住友銀行カードローン 実質年率4.0%〜14.5% 最高800万円 銀行カードローンの為不可能
三菱東京UFJ銀行カードローン 実質年率1.8%〜14.6% 最高500万円 銀行カードローンの為不可能
みずほ銀行カードローン 実質年率2.0%〜14.0% 最高800万円 銀行カードローンの為不可能
りそなプレミアムカードローン 実質年率3.5%〜12.475% 最高800万円 銀行カードローンの為不可能
楽天銀行スーパーローン 実質年率1.9%〜14.5% 最高800万円 銀行カードローンの為不可能
オリックス銀行カードローン 実質年率1.7%〜17.8% 最高800万円 銀行カードローンの為不可能
MR.カードローン 実質年率0.99%〜14.79% 最高1,200万円 銀行カードローンの為不可能
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 実質年率2.5%〜18.0% 最高1,000万円 銀行カードローンの為不可能
じぶん銀行カードローン 実質年率2.2%〜17.5% 最高800万円 銀行カードローンの為不可能

このように見ると、一見銀行カードローンが随分低金利のように見えますが、比較すべきは最高金利なのです。申込んでからもらえる借入枠で適用される金利は、余程の高年収でない限り最高金利が適用されます。

 

その観点から見ると、りそなプレミアムカードローンが年12.475%と一番低くなります。ならりそなプレミアムカードローンに申込めばいいのかと言うとそうではありません。まずりそなプレミアムカードローンでは、

 

 

まず専業主婦や学生は申込めません。パート・アルバイトでもかなり厳しい審査になります。


要するに正社員でないと審査は厳しいものになります。もちろん低金利ですから他社借入があった場合には、正社員でも審査は厳しくなるでしょう。その他口座が必要な事や、返済日は三月5日しか選べないなど、自由度はかなり低くなります。しかし何といっても、

 

 

即日融資不可能なことが一番痛いところです。即日融資を希望するのであれば、全銀行カードローンが申込対象から外れてしまいます。


そうなると、大手消費者金融からカードローンを選ばなくてはいけません。その中でも最高金利が最も低いのがプロミスです。

金利のマジックに引っ掛かるな!プロミスの利息とその他のカードローンの利息を比較して見る

即日融資やパート・アルバイトの申し込みなど、プロミスが低金利カードローンよりも優れている部分はありますが、どうしても低金利のカードローンに申込みたいという方は、以下の利息比較を見てから検討して見てください。

8万円を借りて毎月元金2万円ずつ4ヶ月で返済した場合のプロミスとその他のカードローンの利息
カードローン 1ヶ月目の利息 2ヶ月目の利息 3ヶ月目の利息 4ヶ月目の利息 利息合計
プロミス 無利息サービス利用※1で0円 約878円 約585円 約293円 1,756円
りそなプレミアムカードローン 約820円 約615円 約410円 約205円 2,051円
アコム 無利息サービス利用※2で0円 約888円 約592円 約296円 約1,775円
みずほ銀行カードローン 約921円 約690円 約460円 約230円 約2,301円
三井住友銀行カードローン 約953円 約715円 約477円 約238円 約2,384円
三菱東京UFJ銀行カードローン 約960円 約720円 約480円 約240円 約2,400円
楽天スーパーローン 約960円 約720円 約480円 約240円 約2,400円
MR.カードローン 約972円 約729円 約486円 約243円 約2,431円
じぶん銀行カードローン 約1,151円 約853円 約575円 約288円 約2,877円
オリックス銀行カードローン 約1,170円 約878円 約585円 約293円 約2,926円
SMBCモビット 約1,184円 約888円 約592円 約296円 約2,959円
アイフル 約1,184円 約888円 約592円 約296円 約2,959円

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能
※2 35日毎返済の選択で利用可能

 

このようになります。小額を早めに返済すれば、銀行カードローン中でも低金利なりそなプレミアムカードローンよりもプロミスの方が利息は低くなっています

 

大きな金額を借りて、長期に渡って返済する場合は即日融資も不要ですので、銀行カードローンもいいかもしれませんが、ネットで申込む用事では実質プロミスが金利が低いと言えます。